株式会社 カクニシビルダー

カクニシビルダー ユーザーレポート

25年前にカクニシさんで平屋を建てたんです。

当時はバリアフリーというのはあまり一般的でなく、 足が不自由な私たちにとって暮らしているといろいろと不便もありました。

この年になって、車椅子になっても家の中を動けるようにということを前提に、思い切って建て替えをお願いしたんです。

前の家も担当してもらった大塚さんは、建て替えということでびっくりしていましたが、 「家づくりを二度も任せてもらえたということは、営業冥利に尽きます」と仰っていました。

大塚さんは何でも電話一本ですぐ来てくれて、心から信頼しています。

カクニシビルダー ユーザーレポート カクニシビルダー ユーザーレポート

新しい家は以前よりもコンパクトです。使い慣れた間取りは変えず、廊下をなくして車椅子でも動きやすくしています。

車椅子での生活を見越して、家の中は段差のない作りになっているんですが、居間の畳のコーナーは一段上げています。 ここは車椅子の座面と同じ高さで、座ったまま移動できるようになっているんです。

車椅子で動きやすいよう廊下をなくした分、居間と和室がワンルームになったので広く感じますよ。

サンルームは設計段階からお願いしてあって、サッシもフルフラットの特殊なものを使ってもらいました。 車椅子は外用と室内用を使い分けるようにしたいので、サンルームから出入りするようにして、そこで乗り換えられるようにしてあります。

家の中は二人の身体の状態に合わせて、便利でこの先もずっと使いやすいようなアイデアを詰め込んでいます。

キッチンは足元を掘り込んでいます。足元がふさがっていると、妻は奥まで手が届かないんですよ。これなら将来車椅子になっても変わらずに使えます。 吊戸棚は電動で、スイッチ一つで上下に動くので、妻の手が届く範囲で使えるようになっています。

トイレやお風呂は入り口に段差がないタイプでで幅広の引き戸にしています。車椅子でも出入りが容易ですし、介護の方も動きやすいようになっています。

また、どこでも手すりをつけられるように、壁の下地は全てベニヤにしてあります。

カクニシビルダー ユーザーレポート カクニシビルダー ユーザーレポート カクニシビルダー ユーザーレポート
カクニシビルダー ユーザーレポート

これからは、夫婦二人で暮らすのなら、我が家のようにバリアフリーにもできるコンパクトな平屋がいいと思います。

夫婦二人とも車椅子という知人がいるんですが、彼らもカクニシさんでバリアフリーの平屋の家を建てたんです。 外から車椅子で段差なしで家に入れるようになっていて、廊下も車椅子二台がすれ違えるような幅になっていました。 バリアフリーの設計は難しいところもあると思いますが、カクニシさんではバリアフリーの家はいくつもやっておられますし、ひとりひとりの身体の状態に合わせて考えてもらえるので安心ですよ。

実際に住んでみると、使い勝手は想像していた通りです。 それから、家全体が以前と比べて段違いにあったかいですね。全部ペアガラスですし、昔の家と比べると断熱が違います。 サンルームからも日差しが入りますから、真冬でも天気がいい日は暖房がいらないくらい暖かいです。 やっぱり建て替えて良かったと実感していますよ。

>>二世帯住宅

カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー

>>単世帯住宅

カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー

>>施設・店舗

カクニシビルダー

>>ガレージハウス

カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー

>>リフォーム

カクニシビルダー

カクニシの家づくりコンセプト

カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー