株式会社 カクニシビルダー

カクニシビルダー ユーザーレポート

何気なく参加した見学会で、カクニシの二世帯住宅を知りました。

二世帯住宅というのは面積も大きいし設備も増えるし、とても高価なものだと思っていました。 ですから新築を考え始めたときは、両親とは別に私たちだけで分譲地に家を建てようとしていたんです。展示場めぐりをしていた時、ちょうどカクニシが住宅の完成見学会を開催していて、そこに何気なく参加したのが最初の出会いでした。

営業の山岡さんに詳しく教えてもらったら、「思ったほど高くない!」と分かり、急遽二世帯住宅に変更したんです。

カクニシの家はデザインが好みに合っていたし、何よりプランの工夫が細やかで上手いなぁと思い、いろいろな住まいを見学させてもらう中に二世帯住宅もいくつかあって、実際に見た時に「やっぱり二世帯もいいなぁ」と思い始めました。

二世帯住宅のメリットやコストについて営業の吉岡さんに詳しく教えてもらったら「思ったほど高くない!」「土地を買って新築するより、実家の土地に二世帯を建てたほうが安い!」ということが分かり、急遽二世帯住宅に変更したんです。

実家の家はずいぶん古くて不便していたこともあって、 両親に相談したところ、すぐに賛成してくれました。

カクニシビルダー ユーザーレポート

互いに支えあって暮らしていける。二世帯にして正解だったと思います。

普段は別々の家のように気を遣わず互いに自由に暮らせるし、 子どものことや急な病気のときは頼れる。つい先日妻が包丁で大怪我をしたのですが、その時もすぐ両親が駆けつけてくれて、子どもを見てもらって私たちはすぐ病院に行く事ができたんです。 この時は一緒に暮らすことの良さを実感しました。

カクニシビルダー ユーザーレポート カクニシビルダー ユーザーレポート

独立型プランですが、一枚のドアを介してすぐに声をかけられるようになっています。

妻も仕事をしていて帰りが遅くなることもあるので、二世帯に することで両親に子どもを見てもらえたらとても助かります。 ただ、私は夜勤があったり、子どもの世話があったりと両親とは生活時間が違うので吉岡さんに相談して玄関別、キッチン別、お風呂別の完全分離型のプランで設計をお願いしました。

特に気に入ってるのは小屋裏収納です。 見学会で小屋裏のある二世帯住宅を見て一目惚れして、私達の家にも付けてもらったのですが、収納にもいいし、子どもの遊び場にもなるし、これは本当に満足しています。

住宅エコポイント対応の断熱仕様にしてもらったんですが、住み始めると家全体が暖かくて、感動しました。 今までの住まいは何だったのかと思うくらい(笑 夏も涼しくて、熱帯夜の日もエアコンを付けずに快適に眠ることができました。

カクニシビルダー ユーザーレポート
カクニシビルダー ユーザーレポート

二世帯で孫との時間が増えて、とても充実しています。

玄関や台所を別々にしてもらえたので、お願いした通り、互いに全く気を遣わずに暮らせています。お風呂も別なので、好きな時間に使えるのも良かったと思います。 防音性能も良くて、二階の音は気になるレベルではないですね。帰ってきたことが分かる程度です。

孫は保育園に行く時間まで預かったり、息子たちがいない時に面倒を見たりしています。以前、別々に暮らしていた頃はあまり懐いてくれなかったのですが、二世帯で一緒に暮らすようになってからはとっても懐いてくれて、いつも私たちの方に遊びに来てくれるんですよ。 息子たちも色々と楽だろうし、私たちも孫と遊べて楽しいし、二世帯にして良かったと思っています。

カクニシビルダー ユーザーレポート

一緒に住むほうがお互い利点が多いと思ったので、私達も二世帯に賛成でした。

息子夫婦が家を建てるということになり、最初はどこかの分譲地を探していたようでしたが、土地を買って家を建てるよりも、私たちの家を建て替えて一緒に住む方が利点も多いし金銭的にも良いということで、二世帯にしようと相談がありました。私たちも賛成だったのですんなりと決まりました。

私たちは口出しをしないことにして息子夫婦主体で進めてもらうことにしたので、設計はとてもスムーズに進んだと思います。 唯一意見を言ったのは、友達や娘が気軽に遊びに寄れるような 家にしたいということくらいでしょうか。

カクニシビルダー ユーザーレポート

生活は別々でも、気持ちはひと家族。これが二世帯でうまくいくコツなのかもしれません。

暮らし始めて最初の頃は何かと声をかけたりしていたのですが、それが負担になることもあるのかなと思い、今は少し距離をおいて必要以上に干渉しないようにしています。生活時間も違いますからね。互いに行き来できるドアには一応カギをつけてあるのですが、普段はオープンにしているので声をかければいつでもコミュニケーションがとれるし、何かあった時には駆けつけられます。

もうひとつ、一緒にうまくやっていくポイントとしては、光熱費などランニングコストの取り決めを最初にしっかり話し合うことでしょうか。金銭的なことは後からだと言いにくくなってしまいますので、もめごとの種にならないようにちゃんと決めたことが良かったと思います。

>>二世帯住宅

カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー

>>単世帯住宅

カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー

>>施設・店舗

カクニシビルダー

>>ガレージハウス

カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー

>>リフォーム

カクニシビルダー

カクニシの家づくりコンセプト

カクニシビルダー カクニシビルダー カクニシビルダー