株式会社 カクニシビルダー

地震に強くするための技術

5.軸組
柱と梁の素材と構成に着目し、家づくりを大きく変化
壁倍率4.0の高耐震・高耐久!無垢材の1.5倍の強度を持つ
集成材を全ての柱・梁に使用

無垢材は乾燥状況にバラツキがあり、変形・歪みが生じてしまいます。それに対して集成材は均一に乾燥しやすいので、変形や歪みを起こしにくいのが特徴です。 カク二シビルダーではすべての柱・梁・間柱に無垢材の1.5倍の強度を持つ集成材を採用しています。

無垢材と集成材の断面図
構造材強度比較表
柱を極力削らない、梁勝ち工法の採用

【一般在来軸組み工法】

通し柱が万能であるという考えが、過去の震災において被書を続出させています。
震災が起こるたびに家屋が倒壊する原因の一つに、通し柱の破壊があげられます。通し柱は最低でも2方向、あるいは3方向から胴差・床梁がかかるため、接合部分の断面が細くなり、震災時に細くなった接合部が折れやすくなってしまいます。
こうしたことに充分な配慮をせず、ただ「通し柱は安全である」とする過信が、地震の度に繰り返される「通し柱が折れる」という被害パターンを生み出しています。

【カクニシビルダーの梁勝ち工法】

接合部の断面欠損を極力減らし、適材適所に金物を選定してその状況に応じたペストな方法で上・下階の柱を接合します。
カク二シビルダーでは、震災時に細くなった接合部が折れてしまいそうな通し柱を無理に配置するよりも、むしろ 1階と2階を分断して、地震や台風及び耐力壁の配置などから想定される柱の引き抜き力に応じて、適材適所に金物を選定することで接合部を確実に止めることに重点をおいています。

無垢材と集成材の断面図

家づくりに役立つ資料を無料贈呈!