株式会社 カクニシビルダー

カクニシビルダー お知らせ
2階建て
箱階段の家

 

家族構成は、ご夫婦とお子様1人。
日当たりの良い閑静な住宅街の角地に新築をご希望されていました。
ご夫婦のご要望は、憧れである「箱階段」と、若干の高低差がある敷地に合わせた住まい。
また、和風の雰囲気もお好きということで、その要素を取り込んだ設計がスタートしました。

2F-14-01

 

 

外観は、和の要素を盛り込んだ趣のある佇まい。

モダンでありながら、どこか懐かしい雰囲気に。

2F-14-02

 

 

高低差のある敷地は、駐車場計画が重要です。

こちらのお住まいでは、一部基礎を深く下げることで、上手く駐車できるようにしました。

縦格子を入れたことで、建物のアクセントにもなっています。

2F-14-03

 

 

ご夫婦は、テレビを置かない主義。

なにもないという贅沢な空間のリビングは、日々を穏やかに、丁寧に暮らせることでしょう。

2F-14-04

 

 

竹のフロアが美しいリビング。メインは、お洒落で機能的な箱階段。

設計と打合せしながら、大工さんが苦労して作り上げてくれた、世界にひとつだけのものです。

ビスの頭が出ないようにしたり、周りの色に合わせて塗装したり・・・まさにプロのなせる業です。

2F-14-05

 

 

吹き抜け部分には、独特の風合いが素敵な古材の梁を取り付けました。

設計士と古材屋さんへ行って、一緒に選んだものです。

2F-14-06

 

 

 

くつろぎの和室は、扉を設けずオープンな空間に。

リビングと続き間になっていながらも独立性を持たすために、小上がりのスペースにしました。

こちらの壁は、なんと奥様の手塗りの塗り壁。

内装屋さんに塗り方を教えてもらい、体験室で練習してから挑みました。

プロ並みのお手前で、びっくりです。

2F-14-07

 

 

玄関も、手塗りの壁です。

楽しくコストダウンできた、と奥様もご満悦。

床は「洗い出し」という仕上げにしました。

他にも上がり框の下に靴入れを作ったり、余った古材で飾り棚を設けたりとこだわりのある空間になりました。

2F-14-08

2012/10/30