株式会社 カクニシビルダー

快適に暮らすための技術

1.断熱
四季を通じて暮らしやすい家であるために。
快適な温熱環境と省エネルギーを
お約束します。

冷暖房を控え、夏涼しく冬温かい住まいを実現するために、優れた断熱・遮熱性能と、空気が入り込まないようにする気密性能を高めました。

断熱性・居住性が抜群に優れる
木造住宅

熟伝導率とは、熟の通しやすさを表すものであり、この値が大きいほど熟を伝えやすい性質を示します。「木はぬくもりを感じる」と言われるように、その断熱性は鉄やコンクリートを遥かに上回ります。ですから、木の骨組みに断熱材を隙間無く入れることで快適な温熱環境を得る事ができるのです。

骨組みが鉄骨であれば、鉄骨の部分から熟が逃げやすいと言うことだけでなく、表面が結露しやすいので壁体内を湿らせ腐らせるというマイナス効果もあります。 また、コンクリートには温まりにくくさめにくいと言う特性があるため、冬の朝暖房しても室温が上がる割には天井や壁の表面温度が上がらず、人体が熱を奪われ肌寒く感じることさえあります。 逆に夏は、昼間に屋根や壁で蓄積された熟が夜間に室内へ放熟して、暑くて眠れないということがおこるのです。

熱伝導率の比較
地盤調査

家づくりに役立つ資料を無料贈呈!