株式会社 カクニシビルダー

二世帯住宅
緑を眺める家

鹿沼の豊かな自然に囲まれた敷地に建つ、機能美住宅をご紹介します。

白と黒の外壁のバランスが美しい外観です。

様々な種類の窓が使われていますが、揃えているのでうるさくなりません。

two-01-06

 

 

玄関ドアを開けると、印象的な飾り棚がお出迎え。宙に浮いているようです。

two-01-01

 

 

とても居心地の良いリビング。どこにいても緑が眺められます。

two-01-03

 

 

リビングの上部は開放感のある吹き抜け。テレビの後ろの壁は、アクセントにエコカラットを使用。

two-01-04

 

 

和室は琉球畳でモダンに。

two-01-02

 

 

書斎からも豊かな自然を感じることができます。

two-01-05

とても機能的で美しいお住まいに仕上がりました。。

窓一つ一つが、大自然を切り取った絵画のようになるのも、鹿沼の大自然の中だからこそ。

穏やかな気持ちで毎日を過ごせそうです。

2011/6/28

posted by

2階建て
暮らしやすさを考えたベーシックスタイル

ご家族は、ご夫婦とやんちゃ盛りの男の子2人。

毎日の家事動線を考えた、スタンダードで暮らしやすいお住まいが完成しました。

 

モノトーンの外壁と、黒い平瓦が落ち着いた印象を与えます。

2F-02-01

 

 

朝日がたくさん入る、LDK。生活感の出るキッチンを上手く隠しながら、家族とコミュニケーションが取れます。 2F-02-02

 

 

シンクがビビットカラーの人造大理石になっているキッチンは、奥様のお気に入り。

2F-02-04

 

 

プラン上、窓の無いトイレになりましたが、上部に明かり取りを設置した為暗くありません。

2F-02-03

 

 

バルコニーは屋根がかかっている部分があるので、急な雨でも安心です。

2F-02-05

住み心地の良い間取りをつくる上で欠かせないのが、家事動線です。

一人一人生活スタイルが違うように、ご家庭によって家事動線も異なります。

ですから、この間取りならだれでも完璧!というものは無いのです。

新しい住まいで暮らしやすくする為には、今の環境が自分にとってどうなのか (「テレビを見ながら洗濯物をたたみたい」「ここに掃除機を収納したい!」「勝手口に野菜を置ければいいな」・・などなど)を常に考えながら生活することが大切だと感じました。

2011/6/26

posted by

2階建て
スパニッシュ瓦と塗り壁の家

南欧風のステキな外観をしたお住まいをご紹介します。

外観は、塗り壁とタイルを使用し、素材感の違いを楽しむことができます。

白い外壁と温かな雰囲気の赤茶色の瓦とのコントラストがとっても美しいです。

2F01

 

 

 

リビングのポイントは、モダンならせん階段。 2F02

 

ダイニング・キッチンは、大きな窓を設けて、明るく楽しい雰囲気に。 2F03

 

間接照明を多用した寝室は、シーンに合わせてお好みの演出をすることができます。 2F04

 

テーブルと椅子を置いて、朝のさわやかな光を浴びながらコーヒーを飲んだり、 星空を眺めながら乾杯したり、ガーデニングを楽しんだり・・・と色々な事が出来そうな、ルーフデッキ。2F05他にも、明るく開放感のある玄関ホールの吹き抜けや、たっぷり収納できる納戸、作業室など お施主様のこだわりがいっぱい詰まった、素敵なお住まいになりました。

これからも末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。

2011/6/25

posted by

平屋
敷地の高低差を活かした平屋住宅

『家族とのつながりを考えた家』というコンセプトで建てられた、平屋のお住まいのご紹介です。敷地の高低差を活かした、見晴らしと使い勝手の良い、個性的なお住まいになりました。

玄関下は高低差を上手く使った外部収納スペースになっています。

hira01

 

外階段もシンプルでオシャレ!
上に誰かいますね。この現場を担当した、監督の高山です。

hira02

 

内観はダークブラウンの建具で統一され、シックな雰囲気。
勾配天井が空間のアクセントになっています。

hira03

 

和室もモダンで落ち着いた空間になっています。
キッチンやリビングから行き来できるので、使い勝手が大変良いです。

hira04

和室・ダイニング・リビングを建具で仕切る事によって、様々な使い方ができ、お施主様ご夫婦の、それぞれの生活リズムに合わせて変化させることができます。

お互いの距離感をほどよく保ち、庭の景色を楽しみながら日々を過ごす。

平屋ならではの生活、いかがでしょうか。

2011/6/24

posted by